人生には谷あり、谷あり。
以下、反省の記録。

IMG_5310

月曜:
タッコママは朝から友人の軽井沢の別荘に旅立った。
羨ましい。
掃除して洗濯して病院でCTの結果聞いて無事通過して、
お昼は気持ちダイエットな春雨にして、作業して、
PIOBIといつも通りの1日が過ぎ、
いつも通り、夜ブログ作業中びわに邪魔され部屋の外にぶん投げる。
いつもより、ちょっとおとなしい時間が長かった気がする。
この時、
いつもオモチャをしまう引き戸の棚が、ほんの少し閉まりきっていなかったらしく、
ビワーニ自力でオープン。
ヒモ付きのオモチャを盗み出していた。
んが、
気づかず。


翌朝6時:
ミチトシすでに仕事。
PIOBIの朝ごはん用意して、ピオの散歩に行って、
で、
下のリビングでオモチャの残骸発見。

え。
うそ。
やだ。
ヒモ食いちぎってるうううううううう!

真っ青になって、探す。探す。探す。

いやまさか。
噛み切っちゃうけど、
けどけど食べたりしないよね?
しないよねったらしないよね?
独り言叫びながら探す探す探す。

IMG_6471

発見!
オモチャ部分はっけ〜〜ン!
え?
で?
ヒモ。
ヒモはどこ〜〜ン?
ふっといタコ糸はどこかな〜〜ん?

ない。
ない。
ないの?
ないじゃん。
およそ30cmくらいの太いタコ糸見つからない。
食〜べ〜た〜の〜か〜!!!

どうする。
おちつけ。
ネットで症例見てみよう。
うん。
とにかく病院だ。
素人がとやかく言うても仕方がない。
プロの診断を扇ごう。
病院行こう。

え?なに?
ご飯くれ?
いや待て。
病院が先だ。
しゃ、写真。
オモチャの写真を撮って。
そうだ。現物も持って行こう。
落ち着け。
9時開院だ。

ニャーニャー元気なびわをバッグに入れて病院へダッシュ。
あれ、びわ、重くなったね?

IMG_5851

朝から爽やかなイケメン獣医師
「ああ。ヒモはまずいですね。。。」と言われる。
そうですよね。
ヒモはまずいですよね。

「この場合、色々な方法があります。」
1、まず、元気そうなので様子を見る。
 理由1、実は飲んでなかった、ということが結構ある。
 ヒモはあらぬ場所から後日発見される。
 理由2、飲んだけど、無事排泄されることもある。

2、とりあえず、吐かせてみる。
夜から朝までの、どの時間に飲み込んだかも定かではないので、
まだ胃袋にある可能性もある。
ただし、猫は犬と違って吐かせるのが難しい。
方法は大きく2種類あるが、一番リスクの低い方法として、鎮静剤を使う方法を進められる。
先生の今までの経験では8割はこの方法で吐く。との事。

タコ糸はレントゲンに映らないので、
腸に絡まって異常がおきた場合、その腸の状態が分かる。ので、
現在、触診しても問題の起きていない胃腸ではレントゲンを撮っても何もわからない。

という事で、
鎮静剤を打って、吐かせる方法を選択。
体重3.6kg。やっぱり大きくなってるね、びわ。
チックンすると、すぐ、えづいたが、
だが吐かず。
「ああ・・我慢しちゃったか・・。」by 先生。
目を見開いたまま、みるみる動かなくなっていく様に、
恐怖にかられるワタシ。
この辺りから、神仏に祈り始めたよね。in my ハアト。
すぐに目が覚めるチックンを打たれ、みるみる覚醒。
いやいやいやいや。こわいやん。
たすけて神様仏様千坊!

IMG_6272

はい!後編につづく!












はぁぁぁ振り返ってもぐったり。。。


コメントありがと!
ろきさん、やるなぁ、涼風さん。 

ランキング06.jpg
ポチっとしてくれたあなたは、良いことがある週末やで。ヒラメのフライはすんごく美味しくて、すんごくちょっぴりだったんやで・・・。
きょうもありがとでぃす。