IMG_8421

てなわけで、本日、ワタクシは足の裏の
たぶん子供の頃踏んじゃった鉛筆の芯とその周りのホクロみたいのを取る為に、
シリツしたわけでありますのことよ。



以下、
簡単な手術リポートだから。
つまんないから。



いやぁ、大きなビヨインなのでね、手術着に着替えてね、ごっつい手術室に入ってね、
心電図と血圧計と血中濃度計取り付けられてね、
なんか大げさな感じで、段々ビビるわけね・・・。
そしたら看護師さんが言ってくれたの
「みなさんね、仰るんですよ、・・・こんな筈じゃなかった・・・って。もっと簡単な事だと思ってたって。」
ええ、ええ。
思ってました!
街のお医者さんでホクロ取るのなんか、窒素でピッて取っちゃうんでしょ?そうなんでしょ?

うつ伏せに寝てる最初が一番怖かったわぁ。
「大人ですからね、足を固定したりしませんよ。」って。
がんばろう・・・じっとしていよう。
んで、
みんなの言う通り、最初の麻酔の注射だけが痛かった。
先生と看護師さんも、「最初の難関だから!これだけねっ痛いけどね。」って、本当だった・・・。
「い、いたたたたたたた。」ってつぶやいっちゃった。
そういう時、看護師さんが、肩に手を置いてポンポンしてくれるの本当に助かる!
看護師さんって本当にありがたい!!!
二回目まで痛かったわぁ。でも、ミチが足の爪の横に注射された時の話よりマシな気がする。
三回目からは、もう分からないの。痛くない。すごいわぁ局所麻酔。
それから、ユーモアがあって素敵な頼りになりそうな看護師さんと、
「心電図のこのピッピッピって音がピーーってなったら私死んでるんですね?(ニコ)」
「その時は、患者さんには聞こえないですから。(ニコ)」
って楽しい会話してました。
で、
そろそろ終わったりするのかしら?
なんか指の間引っ張ってる感じコワイわぁ・・・とか思ってたら先生が、
「ん〜この腫瘍の中に白い糸っぽいのが通っちゃってるんで、
切らないと取れないんですけど、
血管か、神経か・・・・。神経だとしびれが出ちゃうかも・・・。」とか、
とかとか、ちょぴっと恐ろしげな事を言い出した。
白っぽい糸ってなによぅ〜。
ま、どうせ後遺症でちょぴっとまだ足の先しびれてるからどうでもいっか?
とか心の中で思いつつ「先生の一番良いと思った方法でおまかせしまっす!」
って言う。
結局、血管だったので特に問題なし。

終わったら、なんか絆創膏的なもの貼ってあるだけなの!
取ったものも見せられた。
「葉っぱの形に切りました。」っておっしゃったけど「猫の目の形」だもん、と思った。
で、ちょっと包帯巻いておしまい。
あとは一週間くらい生検待ち。
先生はこの手の手術を年間2,000件位やっているけど、まず悪いものって事はないんだって。
で、だいたい見た目でわかるらしい。
この見た目は大丈夫らしい。
でも、一回だけ、このなんでも見た目で悪いコだった事がある、というそういう追記は聞きたくないんじゃーーー!最近のお医者様は必ず最悪の場合を付け足すけど、仕方ないんだろうけど、わしゃ反対じゃーー!
聞かなかった事にしよう。うんそうしよう。どうせ鉛筆だし。

という感じで無事終わりました。
とぼとぼ歩いて帰りました。
あ、「抜糸するまでの二週間は体重をあまりかけて欲しくないので、なるべく歩かないで
ね、足の裏は表皮が分厚いので、痛いタコができちゃうから。」という事でした。

で、
現在、麻酔が切れて、痛み止め飲んで、ちょっとだけイタいけどちょっとだけ。

以上、足の裏の中のホクロを取ったよリポートでした。






いやいや園炸裂は明日。

コメントありがと!

ろきさん、そうよぅ。そっちよぅ。
kosantaさん、今日の午後二時過ぎよ。切ってたの。けけけ。

それでは、コレをね↓ぽちっと押していってね!
ポチっとしたならば、土曜なのに祝日だけど負けない。
ランキング06.jpg

ありがとおね(  ̄3 ̄)♪






『谷中黒ねこ博』七日目、金曜、
いらしてくれた皆様、ありがとうございます。
新作、絵を納品しましたよん。