IMG_7275

その日、私と母は伊東にいた。
恒例、春の一泊旅行に出ていた。



IMG_7245

伊東の静かな海を散歩して、駅の近くの和カフェに入った。






IMG_7248

和カフェで、白玉パフェを頼んだ。
壁にかかったアンティークの時計の写真を撮った。
パフェが来た。

揺れた。

長く揺れた。
私は、腰を浮かしグルグル考え続けていた。母が一緒だったからだ。
『このビル、結構古かったなぁ。外に出るべきだろうか?』
別の席のマダム達が小さな悲鳴を上げている。

だが、結局たいして大きく揺れずにおさまった。
ふと、向かいの母を見ると、パフェを食べ終えていた。
・・・・なんか驚愕。






IMG_7306

1時間ぐらいたってからだろうか、
携帯に、大丈夫か?というメールがいくつか来た。
『さては、伊東にいるのでみんなに心配かけちゃったんだな。』
と、なんとも自己中心的な思いを抱いたものだ。
東京が、伊東よりずっと揺れたとは考えもしなかった。

しかし、のんきに散歩をしていても、
小さな余震が続く中、
段々イヤな感じがしてきて、
畑の横でラジオを聞いていた地元の方に、何が起きたのか、と尋ねてみる。
『東北の方で、大きな地震があったんだって。』

それからホテルに戻ると、目を疑う情報にさらされた。






IMG_7293

EVESENのもとに、ミチトシが帰り着くまで
不安だった。






IMG_8112

その後は、
みんな色々あったように、
我々も色々あった。







IMG_8097

でも、なんだか、
あの不安な、日々をあまり細かく覚えていない。

東北の人々はどうなのだろうか。






IMG_8125

小さな、出来る事をいくつかしたけれど、
まだこれからだと思っている。
私の、この小さなスキルが、いつかきっと役に立つ日が来ると思う。

















あまちゃん、また見たいな・・・。



昨日のコメントさんへ:
ありがとありがとー。
とーきょーには〜明日、四温ちゃんが来るわよ。




さ!ポチッと押すと、あなたは夢の中でキノコをかぶる。思いのほか似合う。

ランキング06.jpg

ポッチをありがとおね。明日もきっときっと会おうね。